Perl5-CGI

アクセス数   Since 25-Jan.-2002 全頁累計:  全頁日毎:   Web初安打:

本サイトは開いた頁の画像を効果的に魅せる術を模索しながら作成しています。

Java系アプリケーションや、CGIなどのスクリプトを実行させている関係で表示完了まで時間が掛かるページがありますので御了承下さい。

ブラウジングはInternetExplorerについてはVer.11以上で可能です。左記以前のバージョンでは正常に表示されないページがあります。

Java実行環境のセキュリティ強化、Flashアプリケーションが2020年末でサポート終了になるため、JavaScriptで暫定評価版にて代替実装しています。

Windowsの画面は1024×768、ブラウザの文字サイズは中[M]が標準です。画面サイズが小さいと表示が崩れることがあります。表示エラーの対処はこちら


更新日:2019/07/13

Copyright (c)2003-2019 "o9chan4" ALL RIGHTS RESERVED.  許可なく掲載画像の複製,転載,加工を禁ずる。

サイト内の「花火」へリンク

花火のイメージ化 花火風景1 花火を強調する 東京湾大華火祭1 東京湾大華火祭2 東京湾大華火祭3 東京湾大華火祭4

ページの一部でJavaScriptを使用しています。正常表示されない場合はブラウザ設定を確認下さい。

  

■花火のある風景2

 OM-4TiB  Zuiko 180/F2.8  f4・1S  PKM

 

ここの水中花火は有名である。中央に炸裂点を配置すると左右対称となる。あまり、9分割構図に当てはめるとつまらなくなる。注意したい。それより、輝線の軌跡を写し込んだ方が良いと思っている。

 

 

OM-4TiB  Zuiko   50/F1.8  f8・B E100VS

 

 

 

上下に無駄な空間が出来てしまう。打ち上げ場所からかなり離れるのでここで撮ってもイマイチである。特に左側が間抜けしている。写真を撮るには不向きであるから場所取りはしない。 

 

 

OM-4TiB  Zuiko 50/F1.8  f8・B+f8・B PRP

 

冬花火・湖上の舞と銘打って、観光客が少なくなる冬にも花火大会を行っている。富士山と絡めて多重露出にしてみたが、花火のボリューム感が足りない。

 

 

 

EOS-5   Tamron28〜200/F5.6LD  f11 バルブ  E100S

 

  花火が画面の中心からずれてしまった。ポイントになる物を画面下に配置せずに構成するのは難しい。

 

 

 

 

 

OM-2000  Zuiko 35/F2.8shift  f8・B PRP

 

数年前までは東京郊外の河川敷で行われる花火大会へ2〜3尺玉を見に行っていた。郊外であることから交通の便がすごく悪い。殆ど、川しかないので水面へ映り込みをポイントとしてアップで狙うことになる。橋などをシルエットとして入れ絵が引き立つのならその方が良いであろう。

 

 

 

EOS-5  EF35/F2  f8・B E100S

 

 

 

ここ数年、秋にも花火を行う所が増えてきた。花火大会ではなく”花火ショー”と名打って海外の花火と日本の花火を同時に鑑賞しようと言う訳である。従って、小じんまりとした内容で打ち上げ時間も短い。テーマパークで閉園間際に上げる花火の様なものである。今回は台風11号で延期されていた花火大会を観覧した。打ち上げにりメリハリがない。見せ場は終幕であるが一気に大玉を多数上げてもつまらない。モット変化が欲しい。

 

 

サイト内の「花火」へリンク

花火のイメージ化 花火風景1 花火を強調する 東京湾大華火祭1 東京湾大華火祭2 東京湾大華火祭3 東京湾大華火祭4

 

Home

目次| 更新情報

編集後記| Article| Link| 壁紙Sample| Guest

Music| 撮影テーマ| My写真| 海釣り| 釣行メモ| 40cmOverへの道